大豆でうつ回復?効果・副作用は?【うつ病に効く食事・食材】



大豆 ソイプロテイン

大豆の主原料であるソイプロテインが比較的おすすめ

うつ病は心の風邪といわれており、2008年10月の時点で厚生労働省が全国の医療機関に実施した調査によると、うつ病の患者数は100万人を超えていることがわかっています。

しかも、この数字はあくまでも医療機関で把握している患者数のみのデータであるため、通院していない患者等を含めると、実際にはもっと多くのうつ病患者が存在しているということになります。

うつ病は心と体の両方に症状が出る精神障害であり、現代はストレス社会といわれていますので、うつ病は誰がいつかかってもおかしくない病気といえます。

そんなうつ病と食事との関係について、以前はあまり関連性はないと考えられてきましたが、近年はその分野についても研究が進んできています。

その研究によると、現代人のバランスの悪い食事内容やストレスの多い不規則な生活習慣は、脳への栄養不足を招き、うつを発症する要因となるということが明らかになってきました。

トリプトファンが摂取できる大豆

うつ病を発症する原因の一つに、感情をコントロールする神経伝達物質の一種であるセロトニンという脳内の物質が減少するという点が挙げられます。

このセロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンから生成され、このセロトニンの放出が少なくなったり、バランスが崩れてしまうとうつ病を発症しやすくなるといわれています。

しかし、このセロトニンの原料であるトリプトファンは体内では生成することができません。

したがって、食品から摂取するしかなく、トリプトファンはタンパク質を多く含む食品である大豆・卵・肉・魚・乳製品等に多く含まれています。

そして、このような食品の中でも、大豆の主原料であるソイプロテインが比較的効率よく摂取することができるといわれています。ソイプロテインとは大豆のサプリメントであり、薬ではありません。

そのため、副作用が無く、安全性が高いため安心して摂取することができます。
また、ソイプロテインは人間の体内に長く留まる性質があるため、ゆっくりと吸収されていきます。

そのため、高タンパク質食品である肉や魚等を直接食べるよりも、セロトニンが効率よく生成されるようになります。

しかし、トリプトファンは炭水化物と一緒に摂取しないと体内に吸収されないという性質を持っていますので、ソイプロテインを服用した際には、ご飯、うどん、パスタ等の炭水化物を食べるようにし、確実にトリプトファンが体内に吸収されるようにしましょう。

エストロゲンが減少することによって精神的な症状が発生する

女性は更年期の時期になると、いらいらする等の症状に悩まされることが多くなりますが、これは女性ホルモンであるエストロゲンが減少することによって精神的な症状が発生するということが明らかとなってきています。

人の精神状態は様々な脳内物質が支配しており、前述の通り、セロトニンは安心感や幸福感をもたらしますが、これらの脳内物質の分泌・活性化にエストロゲンが深く関与しています。

そして、最近の研究によって、大豆イソフラボンがこのエストロゲンと似た化学構造を持っており、摂取することでエストロゲンと同じ働きをすることがわかってきました。

つまり、この大豆イソフラボンがエストロゲンの不足を補い、女性の更年期におけるいろいろなトラブルを予防してくれるようになるということであり、これが近年、大豆イソフラボンが一躍脚光を浴びることになった要因の一つでもあります。

また、エストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれています。
うつ病の予防と同時に、肌の調子を整え、若い肌を保つことをサポートしてくれるのは女性にとっては嬉しい事であると思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 躁うつ病 ブログ
    うつ病を発症したのは中学生の時、今から9年前くらいからです 鬱病の種類としては、気分変調性…
  2. 躁鬱病 ブログ
    気分変調性障害とは、ほぼ1日中持続する抑うつ気分が長期間続いてしまう慢性疾患です。 気分変調性…
  3. 太宰治 うつ病 自殺
    39歳の若さで愛人と共に玉川に入水自殺した太宰治 太宰治さんは、薬物中毒や自殺未遂を克服して、…
  4. うつ病 ブログ
    発症した年齢によって「初老期うつ病」、「閉経期うつ病」、「更年期うつ病」 退行期うつ病とは、主…
  5. 躁鬱病 ブログ
    私の弟は、発達障害があります。 小学生の時には怒りっぽく、喧嘩っ早い。 しかし男の子であった…
  6. 鬱病 体験記
    私自身が今現在うつ病です。 段階は中と強の間位と、医師の検査で診断されました。 私自身の…

うつ病の芸能人・有名人

  1. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  2. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
  3. レディーガガ うつ病

    レディー・ガガさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白 レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽…
  4. 高木美保 うつ病 パニック障害

    高木 美保さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自力でそのうつを克服した高木 美保さん 高木 美保さんは、東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ちの…
  5. 木の実 ナナ うつ病 更年期障害

    木の実 ナナさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向…
  6. 松本人志 うつ病

    松本人志さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エー…
  7. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害

    ロビン・ウィリアムズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る