ランドセン(クロナゼパム)の効能、効果は?副作用はある?【抗不安薬(精神安定剤)】



抗うつ剤 効果 効能

ランドセンは、1981年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。

効果がしっかりしているので、抗不安薬としても使えるのですが、てんかんへの効果もあり、抗てんかん薬と呼ばれることもあります。

ランドセン(クロナゼパム)の効能、効果とは

ランドセンをはじめ、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、GABAという神経伝達物質の働きを強めることで、脳の活動を抑え、リラックスさせることができます。
ベンゾジアゼピン系では、抗不安作用、睡眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用という4つの効果があります。

ランドセンは、筋弛緩作用が中程度で、他の3つは強いです。
ランドセンでは、その他にも気分安定作用と睡眠の質を上げる作用があります。

ベンゾジアゼピン系は、深い睡眠を減らしてしまい、睡眠の質を下げてしまう薬が多いのですが、ランドセンはその心配がありません。

効果は15~30分ほどで出てきますので、即効性があると言えます。

効果のピークは2時間ほどで、8~24時間持続します。
量としては、1日0.5~6mgとなっています。

作用時間が長いため、効果も長く持続しますが、副作用も長く出ることがあるので注意してください。

ランドセンは、てんかんへの処方が認められているため、てんかん以外の病状の場合は保険適用外となってしまいます。

ですので、不安障害やうつ病など多岐にわたって効果はありますが、てんかん以外で処方されることは少ないと言えます。

副作用はどういったものがあるか

効果が強い割には、副作用はそこまで強くありませんが、やや強めに出てきます。
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、眠気とふらつきという副作用があります。

ランドセンは、睡眠作用が強いため、日中に飲むと眠気が起こることがあるので、眠くなってしまうと困る場合は気を付けてください。
逆に、大きな不安感に襲われて、眠ってしまった方が楽な場合もありますので、そういったときは飲むと良いです。ふらつきについては、筋弛緩作用が中程度なため、やや強めに出ます。

副作用が強く出てしまっているときには、主治医に申し出てください。
量を減らしたり、薬を変えたりして対応していきます。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬では、効果が強く、作用時間が短いと依存性が高くなります。

ランドセンは、効果が強いのですが、作用時間は長いため、依存性はそこまで高くありません。
ですが、常用すると、依存性は高くなりますので注意が必要です。

身体的に薬をやめたくてもやめられないという離脱症状が出たり、精神的に頼ってしまったり、薬が同量でも効かなくなってきたりする依存があります。

ランドセン(クロナゼパム)が向いている人とは

てんかんの人はもちろんなのですが、その他にも、不安が大きい人、睡眠不足や質の良い睡眠がとれてない人、身体が緊張してしまっている人などに向いています。
不安障害、うつ病、躁うつ病など、病状としては多岐にわたって使うことができ、効果も十分あります。

しかし、先述したように、てんかん以外では、保険適用外となってしまいますので、他のベンゾジアゼピン系で効果が見られない場合に飲むことになります。

ランドセンは、様々な症状が出ているときに効果がより期待できます。
不安だけだと他の薬の方が良かったりしますので、最初から処方されるというよりも、他の薬を試してみて効果が見られないときに処方されるものです。

常用は避け、用法を守って使ってください。

ピックアップ記事

  1. うつ病 診断
    今から10年ほど前に私の義姉が里帰り出産をしました。 その時に産後うつ病になったので、その経験…
  2. 躁鬱病 ブログ
    10年以上前から無関係に左胸が締め付けられるように痛む 私は幼少から喘息や鼻炎を患っていること…
  3. うつ病 体験記 体験談
    看護師という仕事は、人の命を預かる仕事なのでうつ病が多い 同僚がうつで自殺未遂をしたことがあり…
  4. うつ病体験記
    私は、長いことうつ病に苦しめられてきました。 現在は、だいぶ回復し、日常生活には問題ないところ…
  5. 真矢ミキ うつ病
    過去に軽いうつ状態だったことを告白している真矢ミキさん 真矢ミキさんは、オスカープロモーション…
  6. 症状 抗鬱剤 副作用
    私は11年前にうつ病になり、今でも通院をしながら在宅で仕事をしています。 当時の年齢は34歳で…

うつ病の芸能人・有名人

  1. 藤原紀香 うつ病

    藤原紀香さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していた藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の…
  2. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
  3. 松本人志 うつ病

    松本人志さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エー…
  4. 岡村隆史 うつ病

    岡村隆史さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    心の病気「うつ」だったことを岡村隆史さんは告白しています。 岡村隆史さんは、日本のお笑いタレン…
  5. うつ病 体験記

    うつ病の芸能人・有名人一覧【2018年最新】

    うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われる…
  6. 武田鉄矢 うつ病

    武田鉄矢さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「101回目のプロポーズ」の頃、うつ病の症状が出始めた武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手…
  7. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る