ビヨンセさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】



ビヨンセ うつ病

ビヨンセさんも、うつ病であることを告白した芸能人の一人

ビヨンセさんは、アメリカ合衆国のシンガーソングライターで、音楽プロデューサー、女優、ダンサーでもあり、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身です。

そんなビヨンセさんも、うつ病であることを告白した芸能人の一人です。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

ビヨンセさんの経歴・芸歴は?

ビヨンセさんは、父親マシュー・ノウルズさんと母親ティナさんとの間に、1981年9月4日に長女として生まれました。

ビヨンセさんは、子供の頃はとてもシャイであったそうです。
しかし、学校の授業でステージに立った時には全く物怖じしなかったそうで、母親のティナさんでさえ自分の娘であることを疑ったそうです。

7歳の頃のビヨンセさんは教会の聖歌隊員を務めながら、ダンススクールに通っていました。

その後、ビヨンセさんはデスティニーズ・チャイルドというガールズグループを結成し、同グループのリード・ヴォーカルを務め、やがて名実ともに世界のトップに君臨することとなります。

ビヨンセさんは2002年7月に初のソロ・シングルとなる「ワーク・イット・アウト」をリリースし、この曲は映画「オースティン・パワーズ3」の主題歌となり、ビヨンセさんはこの映画のヒロイン役で女優デビューも果たしています。
2003年6月には、ビヨンセさん自身がほぼ全曲の作詞・作曲・プロデュースを手がけた「デンジャラスリィ・イン・ラヴ」というデビュー・アルバムをリリースします。

このアルバムのセールスはプラティナムを獲得し、第46回グラミー賞で5部門受賞という快挙も達成しています。

そして、2006年のビヨンセさん自身の誕生日である9月4日に「B’DAY」という2ndアルバムをリリースし、そのアルバムの先行シングルである「デ・ジャ・ヴ」、2ndシングルである「リング・ジ・アラーム」は全米大ヒットとなりました。

この2曲はグラミー賞にノミネートされ、さらに3ndシングルである「イレプレイスブル」は全米チャート10週連続第1位を樹立する特大ヒットとなり、これはビヨンセさんにとっても史上最高の結果となりました。

また、2006年12月25日にはビヨンセさん自身が主演を務める「ドリームガールズ」という映画が全米で公開され、ゴールデングローブ賞とアカデミー賞にノミネートされました。

この映画の主題歌である「リッスン」についても、アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたことから、ビヨンセさんの歌手/女優としてのトップ・エンターテイナーぶりが存分に発揮された結果となりました。

デスティニーズ・チャイルドが解散した後に、うつ病で苦しんでいたことを告白しています。

そんなビヨンセさんは、2006年にデスティニーズ・チャイルドが解散した後に、うつ病で苦しんでいたことを告白しています。

その当時、ビヨンセさんは食事もせず自分の部屋にこもっていたそうで、自身の人生の中でとてもつらい時期であったとのことです。

ビヨンセさんはその時、「私は何者?私の友人は誰?」と思ってしまうほど孤独な時間を経験し、人生が変わってしまったと語っています。

その後、2011年にビヨンセさんは意識がぼんやりし始め、今日が何日なのか、自分がどこの都市にいるかもわからなくなってしまうという症状に陥ってしまったことから、自身のことに集中するための1年の休暇を取りました。

これには、しつこく心の健康を取り戻すように言っていた母親の影響もあったそうです。

現在、2016年4月24日に発売された「LEMONADE」という6thアルバムが世界各地で1位を獲得する等、相変わらずの活躍を見せているビヨンセさん。

これからも心の健康に注意して、音楽活動や女優としての活躍を続けていってほしいなと思います。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ病 ブログ
    父が躁鬱病ですが、母の話では結婚前から症状は出ていた見たいです。 躁鬱がはっきりと出てきたのは…
  2. 漢方薬 うつ病 治療
    うつ病のいろいろな症状に対して単一の処方(薬方薬)で対応可能 現在、うつ病の日本国内の患者は1…
  3. うつ病 ブログ
    家族が双極性障害Ⅱ型です。 最初は体調に異変があったようです。 頭痛や下痢などで内科にかかり…
  4. うつ病 ブログ
    私は、躁うつ病に罹患しており、5年前から神経内科のクリニックに通院しています。 興奮状態とうつ…
  5. うつ病 診断
    もともと感情的に浮き沈みがある方です。 それにホルモンバランスの影響などで気分が沈んだり落ち込…
  6. 萩原流行 うつ病 事故 バイク
    うつ病による注意力の散漫が事故の原因といわれている萩原流行さん 萩原流行さんは、日本のダンサー…

うつ病の芸能人・有名人

  1. ブラッドピット うつ病

    ブラッド・ピットさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆…
  2. 岡村隆史 うつ病

    岡村隆史さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    心の病気「うつ」だったことを岡村隆史さんは告白しています。 岡村隆史さんは、日本のお笑いタレン…
  3. 松本人志 うつ病

    松本人志さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エー…
  4. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
  5. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  6. ジム・キャリー うつ病

    ジム・キャリーさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらジム・キャリー ジム・キャ…
  7. 高木美保 うつ病 パニック障害

    高木 美保さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自力でそのうつを克服した高木 美保さん 高木 美保さんは、東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ちの…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る