アン・ハサウェイさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】



アン・ハサウェイ うつ病

アン・ハサウェイさんは、うつ病を患っていたことを公表しているハリウッドスターの1人

アン・ハサウェイさんは、アメリカ合衆国の女優で、アカデミー賞の助演女優賞受賞の経験もあります。
そんなアン・ハサウェイさんは、うつ病を患っていたことを公表している芸能人の1人です。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

アン・ハサウェイさんの経歴・芸歴は?

アン・ハサウェイさんは、アメリカ合衆国のニューヨーク市ブルックリンにて、1982年11月12日に生まれました。

アン・ハサウェイさんの父親は弁護士であるジェラルド・ハサウェイさん、母親は舞台女優であるケイト・マッコーレーさんであり、アン・ハサウェイさんの名前は劇作家であるウイリアム・シェイクスピアの妻であるアン・ハサウェイが由来となっているとのことです。

また、アン・ハサウェイさんの先祖はフランス人とアイルランド人だそうです。
その先祖をさらにたどっていくと、アメリカ・インディアンとドイツ人の血を引いているとのことです。

アン・ハサウェイさんは、ニュージャージー州での高校時代にオールイースタン高校選抜合唱団の一員に選ばれました。そして、カーネギー・ホールの舞台に立つという経験もしています。
アン・ハサウェイさんは、高校を卒業後、ニューヨークの俳優養成学校に入学しました。その時に、「恋の手ほどき」といった舞台に出演しています。

また、アン・ハサウェイさんは、ヴァッサー大学で英文学を学んでいました。

しかし、2005年にはニューヨーク大学に編入しています。
アン・ハサウェイさんは1999年、「ゲット・リアル」というテレビシリーズの主人公に抜擢されます。

これにより、ヤング・アーティスト・アワードやティーン・チョイス・アワードのドラマ部門の女優賞にノミネートされるようになります。
2001年に公開された「プリティ・プリンセス」で、アン・ハサウェイさんは映画デビューを果たしますが、この映画は全米で1億ドルを超えるヒットとなり、一気にブレイクします。

その後、アン・ハサウェイさんはミュージカル「Carnival!」で、2002年2月にブロードウェイデビューも果たします。

2004年には「プリティ・プリンセス」の続編が公開。この続編も9500万ドルのヒットとなり、アン・ハサウェイさんは人気女優となります。

2005年に公開された「ブロークバック・マウンテン」でアイドル女優的なイメージを払拭すると、2006年に公開された「プラダを着た悪魔」ではメリル・ストリープさんが演じた鬼編集長のアシスタントを演じて、1億ドルを超えるヒットを記録します。2008年公開の「レイチェルの結婚」では元薬物中毒者を演じました。

この映画で、アン・ハサウェイさんは放送映画批評家協会賞主演女優賞などを受賞し、アカデミー主演女優賞にもノミネートされています。

2012年には、「レ・ミゼラブル」という12月公開の映画において、ファンティーヌを演じて吹き替えなしのミュージカルに挑戦しました。

この映画でアン・ハサウェイさんは、第85回アカデミー賞助演女優賞を受賞しています。
また、この映画によってゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞しており、この賞は3度目のノミネートで遂に受賞することとなりました。

そんなアン・ハサウェイさんは、10代の頃、うつ病を経験したことがあったと告白しています。

その当時のアン・ハサウェイさんは、憂うつで不安な状態が続いていて、眠れない日々が続いたそうです。

しかし、抗うつ薬等の薬を使用せずにうつ病を克服できたそうで、現在はとても平和で良く眠れているそうです

現在のアン・ハサウェイさんが生き生きとしているのも、過去のうつ病を乗り越えたという経験が生きているように感じました。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. 抗鬱剤 副作用 効果 効能
    リボトリールは、1981年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 効果がしっかりして…
  2. 抗うつ剤 効果 効能 副作用
    レクサプロという抗うつ薬、リボトリールを抗不安薬に、マイスリーを睡眠薬に使ってます。 私は5年…
  3. 躁鬱病 ブログ
    夫はもともと神経の細やかな人で、内科で安定剤や睡眠薬を処方してもらっていました。 診断は「神経…
  4. うつ病体験記
    仕事が原因でうつ病を発症してしまいました。 原因となったのは、過重労働と、職場内でのノルマです…
  5. 庵野秀明 うつ病
    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のア…
  6. うつ病 ブログ
    今から約6年前、当時の私は30歳で、結婚2年目のまだ新婚と言える時期でした。 私は派遣社員とし…

うつ病の芸能人・有名人

  1. 岸部四郎 うつ病

    岸辺シローさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自己破産、脳出血、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん 岸辺シローさんは、京都府京都市…
  2. 武田鉄矢 うつ病

    武田鉄矢さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「101回目のプロポーズ」の頃、うつ病の症状が出始めた武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手…
  3. 木の実 ナナ うつ病 更年期障害

    木の実 ナナさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向…
  4. レディーガガ うつ病

    レディー・ガガさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白 レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽…
  5. 藤原紀香 うつ病

    藤原紀香さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していた藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の…
  6. 渡辺 正行 うつ病

    渡辺 正行さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現い…
  7. ブラッドピット うつ病

    ブラッド・ピットさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る