うつ病 ブログ

最初はパニック障害の発作と極度のうつ状態が出て、うつ病と診断されました。

双極性障害とパニック障害の治療を受け始めてはや20年近くになります。

最初はパニック障害の発作と極度のうつ状態が出て、うつ病と診断されました。
その後双極性障害と診断されました。
今思い起こせば感情の起伏が激しく、双極性障害はもともと持っていたと思います。

症状としては、極度のうつ状態が続き、躁転して徐々に極度の躁状態まで上り詰め、最後にまた極度のうつ状態に一気に落ちていき、そのときに必ずきついパニック発作に見舞われます。まさに地獄です。

パニック発作では過呼吸、心拍数の急激な上昇、極度のふらつきなどが現れ、座っていることも無理でした。

ラピッド・サイクラー

双極性障害がいわゆる「ラピッド・サイクラー(極度に短期で躁鬱を繰り返すタイプ)」だったために、頻繁にパニック発作に見舞われ、初期は徒歩5分のスーパーまで行けない状態でした。

発症したのが国外だったため、いきなり当時日本では認可前だったNaSSAのミルタザピン(国内商品名:リフレックス)を処方されました。

その後は更にSSRIのパキシルも同時処方され、更に躁対策の炭酸リチウムが処方されました。

その処方組み合わせは帰国後の今でも続いています。

パニック発作時の頓服はロラゼパム(国内商品名:ワイパックス)でした。発作が多い時期は毎日服用していました。

なぜ発症したのかは未だに不明です。

双極性障害は遺伝性の要素が高いと言われています。
肉親にやはり感情の起伏が大きい人は多かったと思います。

一番つらかったのは、「家から出られなかったこと」です。
食事は宅配ピザ、他も全てデリバリーです。

もともと元気に外に出るのが大好きだった私にはこれが一番堪えました。

次につらかったのは休職を余儀なくされたことです。

仕事が一番の人生を20年あまりやってきた私には耐えがたいものがありました。
結局2年休職、そのあと3ヶ月出勤してまた休職。結果的に退職することとなりました。

2年間の休職中、1ヶ月入院しました。
精神科病棟は初めてでした。毎日がリハビリなど、不思議な空間でしたが、同じ境遇の人たちと出会えたのは結構楽しかったです。

お互い「病気を持っている」という共通点があり、垣根なく会話はできましたし。

帰国後再び、2ヶ月に及ぶ極度のうつ状態とパニック状態で、再び、今度は日本国内の病院に入院しました。
入院したときはすでに歩けない状態で車椅子で入ったと覚えています。

その2週間後にはなんとか歩けるようになったので(看護師がびっくりしていました)、「まだ私は回復したい意思があるのだな」と実感しましたが、なかなかそんなに簡単にはいかないもので、結局3ヶ月も入院していました。

2ヶ月目からは開放病棟に移され、スマートフォンも持たせてもらえて、外とのコンタクトを再開できたことがとても嬉しかったのを覚えています。

退院後、かなり順調に回復してきました。

今は2ヶ月に1回の通院で済み、うつにもならず、躁にもならず、中庸な精神状態を保っています。

パニック発作もほとんどなくなりました。

現在の投薬は前述の発症時とほぼ同じです。
双極性障害は治りにくいと言われています。

最初の頃は治すことを考えていましたが、最近は「いかにこの病気と上手に付き合って人生を過ごすか」ということを考えています

自分で上手くコントロールさえできれば最小の範囲内でしか症状は出ませんし、まず最初の目標はそこです。

「それを続けていれば治るかもしれない」という希望を持ってポジティヴに人生を進めていきたいと思っています。

「希望をもつこと」、これが一番の薬かもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ病 体験記 ブログ
    産後間もなくして情緒不安定になる産後うつ病 マタニティーブルーとは、待望の赤ちゃんが産まれてと…
  2. 症状 抗鬱剤 副作用
    うつ病や脳疲労等の症状の改善に効果的であるとされています。 シトルリンは、主に血のめぐりや流れ…
  3. 躁鬱病 ブログ
    さらに就職活動に失敗して本格的にうつ病を発症 私は幼いころから家族から暴力的なことを受けたり、…
  4. 抗鬱剤 副作用
    レキソタンは、1977年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 効果が強く、実感でき…
  5. 躁鬱病 ブログ
    双極性障害とは、従来、躁うつ病と呼ばれていました。 この双極性障害の「双極」とは「2つの極」と…
  6. うつ病 症状
    他の病気として誤診されてしまう可能性が高い?仮面うつ病 普通、うつ病とは思えないような、他の症…

うつ病の芸能人・有名人

  1. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  2. 庵野秀明 うつ病

    庵野秀明さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のア…
  3. レディーガガ うつ病

    レディー・ガガさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白 レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽…
  4. ブラッドピット うつ病

    ブラッド・ピットさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆…
  5. うつ病 体験記

    うつ病の芸能人・有名人一覧【2018年最新】

    うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われる…
  6. ジム・キャリー うつ病

    ジム・キャリーさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらジム・キャリー ジム・キャ…
  7. 渡辺 正行 うつ病

    渡辺 正行さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現い…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る