うつ病 症状

22歳の時職場の同年代の友人が自殺をしていなくなってしまった

私は元々精神的にも肉体的にも強くなく20歳の頃から疲れからなのか数か月ずっと熱が37度台でした。

その頃はストレスで熱が出ることなども知らず思い返せば鬱の症状が出ていたのかもしれません。

私が精神科に通うようになったのは22歳の時職場の同年代の子が自殺をしていなくなってしまった時のことです。
まだ若かった私には突然人がいなくなってしまう事も仲間が自殺してしまう事も予想できず、気持ちも付いてこないしその事で職場が凄く荒れてしまい、毎日元気が出なくなってしまいました。

そして当時付き合っていた彼氏にも明るい所が好きだったのに今のお前は暗くて要らないと振られてしまい、眠る事も出来ず、誰かに助けてほしいという思いで病院に行きました。

何度か通院し、鬱病と診断を受けました。

鬱にも色々ありますが大うつ病というものらしいです。

その頃は自分が鬱病であることが受け入れられず、た家族も薬なんか飲むなと受け入れるのが難しそうでした。
周りの友達も対応に困り疎遠になってしまった方もいます。

しばらくして自殺願望が強くなり入院もしました。

その時は同室の隣のおばあさんが夜中ずっと誰かをころさなきゃ・・と言っていて。
ながらここにはいられないと廊下で寝ようとしたりしていました。

後から知った事ですが、鬱病も重度になると幻聴が聞こえたりする人もいるらしく、分もそれだったのかなと思います。

何度も消えたくなって。でも知り合いが自殺した時の辛さを家族に与えちゃいけない・・。
とそれだけを生きがいに治療に向き合いました。

入院をしながら薬を調整しています。

今は
レメロン
サインバルタ
ヒルナミン
ラミクタール
セロクエルという薬を飲んでいます。

特に私にはレメロンとヒルナミンはとてもあっていると感じました。

他のお薬も合っているのか元気が出ない日はあっても頭がおかしくなりそうなほど一日中辛かった感覚はなくなりました。
病気を受け入れるのはとても大切な事なんだなと感じました。

自分が鬱になって、どうやって鬱と向き合うべきだろうと考えたのは頑張らないで休むときは休む。
でも何かできると思った時は、小さなことはしてみようです。

前はつらい日はカーテンを閉め切ってお風呂も入らず一日布団にいました。

でも太陽を浴びてセロトニンを増やすのが大切とか
風呂にはいるとセロトニンが増えるなど

調べながら自分にできる鬱にいいことはするようにしています。

そして本当に効果を感じます。

調子のいい日は料理をしたり、掃除をしたりして自分が何かをできると思うことが楽しく感じる時もあります。

なので、休みながらも少しだけ出来ることをするのは、には合っている治療方法だなと感じています。

そして辛い日々を越えてきたかなと感じる今は前よりも、さなことを大切に出来るようになりました。

辛かった分当たり前だと思ってたことが当たり前じゃないと気づいた分、通の日常は幸せなんだと感じることが多いです。

入院していた時に、閉鎖病棟だったので窓が開かず外の景色が見れなかったので、が見たいな・・空が見えるのは当たり前じゃない幸せなんだ。
と、出れたときにとてもうれしかった気持ち。

そしててくれるひとのありがたみを感じるようになりました。

だからつらい経験はすべてがマイナスになるわけではないと思っています。

これを読んでいる方もきっと色々な事情があって、綺麗ごとでは片付けられない事も多いと思います。

でも辛い事だけではなくきっと楽しい事や幸せな事も待っているよ。
と症状の落ち着いてきた今そう思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ病 体験記
    仕事のストレス発散のために夫に殴ったり蹴られ・・・ 前夫は酷い暴力を振るう人で、私は前夫が家に…
  2. 渡辺 正行 うつ病
    50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現い…
  3. うつ病 ブログ
    大手のソフトウェア会社に勤務している40代のサラリーマン(男性)です。 数年前にうつ病となり3…
  4. うつ病 体験記
    非定型うつ病とは、うつ病性障害のサブタイプの一つの正式な診断名です。 メランコリー型うつ病や、…
  5. 長嶋一茂 うつ病 パニック障害
    母親の死をきっかけに、うつ病も発症した長嶋一茂さん 長嶋一茂さんは、東京都大田区田園調布出身で…
  6. 鬱病 体験記
    私自身が今現在うつ病です。 段階は中と強の間位と、医師の検査で診断されました。 私自身の…

うつ病の芸能人・有名人

  1. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害

    ロビン・ウィリアムズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
  2. 渡辺 正行 うつ病

    渡辺 正行さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現い…
  3. 武田鉄矢 うつ病

    武田鉄矢さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「101回目のプロポーズ」の頃、うつ病の症状が出始めた武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手…
  4. 木の実 ナナ うつ病 更年期障害

    木の実 ナナさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向…
  5. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  6. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
  7. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る