J.K.ローリングさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】



J.K.ローリング うつ病

J.K.ローリングさんもうつ病を患っていたことを公表している有名人の1人

J.K.ローリングさんは、イギリスの小説家で、「ハリーポッターシリーズ」の作者です。
この「ハリーポッターシリーズ」は、全世界で4億部以上出版されており、これは歴史上最も売れたシリーズ作品となっています。

そんなJ.K.ローリングさんもうつ病を患っていたことを公表している有名人の1人です。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

J.K.ローリングさんの経歴は?

J.K.ローリングさん(本名:ジョアン・ローリングさん)は、イギリスのイェイトにて1965年7月31日に生まれました。

J.K.ローリングさんはまだ、5~6歳の頃から「ラビット」というタイトルの物語を書くなど、子どもの頃から物語を書くことが好きだったそうです。

J.K.ローリングさんは、このように自分が考えた物語を妹に話して聞かせていたそうです。

通常の5~6歳の子供であれば、本の読み聞かせによって、その本の内容が理解できるというだけでもすごいとなるところです。

自分で物語を考えた上に妹に話して聞かせることもできたJ.K.ローリングさんの能力が、いかに優れていたかがわかると思います。

J.K.ローリングさんは1982年、オックスフォード大学を受験しますが、不合格となってしまいます。その後、エクセター大学へと進み、そこでフランス語を学んで、後にフランスへ留学も経験しました。

大学卒業後、J.K.ローリングさんは秘書としてロンドンのアムネスティ・インターナショナルで働くようになります。

突然、「ハリーポッター」のアイデアがJ.K.ローリングさんの頭の中に

1990年の夏、J.K.ローリングさんはマンチェスターからロンドンに列車で向かっていました。
すると、その時突然、「ハリーポッター」のアイデアがJ.K.ローリングさんの頭の中に浮かんだのだそうです。

J.K.ローリングさんは当時、ひどく恥ずかしがり屋だったそうですが、その時は何とか人にペンを借り、次々と頭の中に浮かんでくるアイデアを必死に紙に書きとめていったそうです。

後にJ.K.ローリングさんは、この作業をしなかったらアイデアのいくつかは消えて、後々の成功はなかったかもしれないと語っています。

ただ、「ハリーポッター」が出版されるのはまだ数年先のことであり、この年の12月にはJ.K.ローリングさんの母親が亡くなってしまいます。

J.K.ローリングさんはショックを受けながらも、翌年にポルトガルで英語教師の仕事を見つけ、そこで知り合った男性と結婚します。

そして1992年には娘のジェシカさんを授かりますが、結婚生活は長く続かず、1993年には離婚してしまいます。

離婚後、J.K.ローリングさんは娘を連れて帰国し、妹が住んでいたエジンバラに落ち着き、執筆活動に専念することにしました。

生活保護を受けながら必死に生きていたJ.K.ローリングさん

しかし、J.K.ローリングさんはこの時、他に仕事を持っていたわけでもなかったため、幼い娘を抱えて暮らしていくにはかなり厳しい状況にあり、生活保護を受けながら必死に生きていたそうです。

この時の貧困によって、J.K.ローリングさんのうつ病は発症したようです。

そのうつ病の様子について、J.K.ローリングさんは

「感情が欠落してしまって気分が良くなるような希望を見いだせなかった。
そういう状態になったことのない人に説明するのはとても難しい。」

と語っています。

J.K.ローリングさんのうつ病は、一時は自殺を考えるほどひどい状態であり、完治するまでは数ヶ月ほどかかったそうです。

J.K.ローリングさんは1995年、うつ病を克服し、ついに「ハリーポッターと賢者の石」の原稿を完成させました。

この後のJ.K.ローリングさんの活躍はよく知られている通りで、今では「歴史上最も多くの報酬を得た作家」と評されています。

今後も健康に留意して、素晴らしい作品を生み出していってほしいなと思います。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. 庵野秀明 うつ病
    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のア…
  2. うつ病 体験記
    自分は本当に死ねるのかそればかりが頭の中をグルグル回っている状態が常態化していました。 うつ病…
  3. キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 躁鬱病
    キャサリン・ゼタ=ジョーンズさんが躁うつ病であることを告白。 キャサリン・ゼタ=ジョーンズさん…
  4. 症状 抗鬱剤 副作用
    セレナールは、1970年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 副作用も弱いですが、…
  5. 婚前うつ病 症状
    マリッジブルーは女性だけが陥るものではありません。 婚前うつ病(マリッジブルー)とは、結婚を控…
  6. 症状 抗鬱剤 副作用
    うつ病や脳疲労等の症状の改善に効果的であるとされています。 シトルリンは、主に血のめぐりや流れ…

うつ病の芸能人・有名人

  1. 藤原紀香 うつ病

    藤原紀香さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していた藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の…
  2. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  3. ブラッドピット うつ病

    ブラッド・ピットさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆…
  4. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  5. 松本人志 うつ病

    松本人志さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エー…
  6. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
  7. レディーガガ うつ病

    レディー・ガガさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白 レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る