躁鬱病 ブログ

心配させまいという一心で必死に笑顔を作る微笑みうつ病

微笑みうつ病とは、心に抑うつ症状を抱えていながら、誰かといるときは微笑みを絶やさないうつ病のことで、心配させまいという一心で必死に笑顔を作る方が多く、明らかに調子が悪そうなときにおいても笑顔でいることから、この名前がつけられました。

ただし、一人になると抑うつ症状に襲われますので、極端に落ち込んでしまうことになってしまいます。

抑うつ症状や身体の不調が軽い内は周りに気づかれにくいので、うつ病としての潜伏期間が長くなってしまうケースも珍しくありません。
また、微笑みうつ病は、家庭の大黒柱であったり、会社でも重要な役職を任されていることの多い壮年期の大人によく見られる傾向があり、「自分がしっかりしなくては」という思いが強いことから、病気を隠しがちです。

微笑みうつ病は努力家で負けず嫌い、世間体を気にする方に多いという統計もあり、自分だけで解決しなくてはと思うあまり、医師の診察を受けずに悪化させてしまうケースや、自殺に至る事態もみられます。
そのため、微笑みうつ病は、うつ病のなかでも、危険な病気といえるでしょう。

微笑みうつ病は、大うつ病と違って悲観的な言葉をあまり口にしませんので、微笑みうつ病の患者が自殺を図った場合、周囲からは「悩みのなさそうな普通の人が突然自殺した」というように見えてしまいます。

微笑みうつ病に見られる症状ですが、微笑みうつ病では、抑うつ症状以外に心の症状があまり見られません。

その代わりに、身体の不定愁訴(原因不明の症状)がよくみられます。
そのなかでは、まず、明け方まで眠れないことや、眠ったとしても朝起き上がるのが困難になってしまうという、睡眠困難の症状があります。

次に、午前中のミスが多くなるという症状があり、午前中にぼうっとしたり、ミスを繰り返してしまうことから調子が悪くなります。
ただ、午後からは頑張りとおせてしまうので、ただ単に、朝に弱いだけと思われてしまうため、見逃されやすい症状となっています。

次に、不安やイライラが発生するという症状があり、顔は微笑んでいますが、言動に不安やイライラしている様子が見られるようになります。
次に、食欲不振の症状があり、食欲がわかず、食事をすることに消極的になります。

この症状が発生している時は、同僚とのランチを断ってしまったり、お弁当にほとんど手をつけないなどの様子が見られるようになるため、周囲からはわかりやすい症状の一つとなっています。
次に、便秘、または下痢といった症状があり、原因不明の便秘、または下痢が2週間以上続いているようであれば、微笑みうつ病の可能性があると考えられます。

次に、頭痛や肩こりといった症状もあり、もし、デスクワークや運動不足では説明のできないひどい肩こりや頭痛が、2週間以上慢性的に続いているというのであれば、微笑みうつ病を疑ってみる必要があります。
最後に、口の乾きという症状があり、口の中がカラカラに乾き、喉が乾いていないのに水を頻繁に飲むようになっているという状態があまり長く続いているというようであれば、よくない兆候であるといえます。

また、微笑みうつ病の非常にやっかいな点として、軽度のうつ病とはいえ、自殺の危険があるということが挙げられます。

重度のうつ病となると外出することすらできないため、自殺を考えても実行に移すだけの力も残っていないということが多くなっています。
しかし、微笑みうつ病の場合においては、自殺を決行するだけの体力は残っているので、ある意味重度のうつ病より危険であるといえます。

ついさっきまでニコニコしていた人が、いきなり亡くなるなんて信じられない、というようなことを、ニュースやなにかで耳にしたことはないでしょうか。

その人は、微笑みうつ病だったのかもしれません。

もし前述のような症状がある人の家族や周囲の人々は、注意深く見守ってあげる必要があります。

微笑みうつ病であれば、他の重いうつ病と比較して、まだ重症化はしていないため、適切な診断を受け、薬をきちんと飲んでいれば、短期間で治る可能性も高くなっています。

不安やイライラ、頭痛、寝付きが悪いといった症状が2週間以上続くのであれば、微笑みうつ病の発症を疑うようにし、早めの精神科や心療内科への受診を検討するようにしましょう。

微笑みうつ病に限らず、うつ病患者の全般がそうですが、真面目で責任感の強い人ほどうつ病にかかりやすいというのは、自分の体調より仕事や周りを優先させてしまうということが要因となっています。
自己犠牲や全体最適の考えは日本人の美徳であり、人間的に成長するためにも、限界までがむしゃらに仕事をするということも必要なことだと思います。

ただし、当然のことですが、限界ギリギリの働き方をいつまでも続けるという事は不可能です。

そして、自分で仕事を抑えない限り、仕事は増え続けて過労となってしまうのですが、微笑みうつ病になる人はこのことに気づくことができません。
そのため、「休む」ということの重要性を忘れないようにするということが重要となります。

また、自分の周りでこの「休む」ということの重要性を忘れているような人がいたら、注意深く見守るようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 躁鬱病 ブログ
    普通のうつ病ではなくかなり重度のうつ病だった父 私の家には以前公務員をしていた父親がいますが、…
  2. うつ病 ブログ
    以前、私は鬱のメーリングリストに参加していました。 そこには私と同じように鬱と闘っていたり悩ん…
  3. 躁鬱病 ブログ
    双極性障害とは、従来、躁うつ病と呼ばれていました。 この双極性障害の「双極」とは「2つの極」と…
  4. うつ病 体験ブログ
    私は38歳の男性です。大学生(21歳)の時にうつ病になった体験談を書いていきます。 どうして大…
  5. うつ病 体験記
    仕事のストレス発散のために夫に殴ったり蹴られ・・・ 前夫は酷い暴力を振るう人で、私は前夫が家に…
  6. うつ病 体験記 ブログ
    私が経験したのは今から約7年前でした。きっかけは些細なことです。 経験している人も多いと思いま…

うつ病の芸能人・有名人

  1. 藤原紀香 うつ病

    藤原紀香さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していた藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の…
  2. レディーガガ うつ病

    レディー・ガガさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白 レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽…
  3. 高木美保 うつ病 パニック障害

    高木 美保さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自力でそのうつを克服した高木 美保さん 高木 美保さんは、東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ちの…
  4. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  5. 岸部四郎 うつ病

    岸辺シローさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自己破産、脳出血、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん 岸辺シローさんは、京都府京都市…
  6. 武田鉄矢 うつ病

    武田鉄矢さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「101回目のプロポーズ」の頃、うつ病の症状が出始めた武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手…
  7. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る