漢方薬 うつ病 治療

うつ病のいろいろな症状に対して単一の処方(薬方薬)で対応可能

現在、うつ病の日本国内の患者は100万人を超えるともいわれており、うつ病は「心の風邪」とも呼ばれています。
うつ病は、正しい治療を行いさえすれば、半年から1年で治るのが一般的とされていますが、実際には4人に1人は治療に2年以上の期間がかかり、さらに患者の約半数が再発してしまうということです。

また、うつ病の医師の能力にも差があるそうです。そのため、不必要に多くの種類や量の抗うつ薬を投与され、その抗うつ薬の副作用でうつ病がさらに悪化してしまったというケースもあるようです。

漢方薬のメリットは、副作用が少ないという点と、うつ病のいろいろな症状に対して単一の処方(薬方)で対応可能という点です。

体内の「気」のバランスが崩れて、うつ病等の精神病にかかりやすくなります

例えば、長期にわたって不安定な精神状態が続いたり、突然、精神的な苦痛を味わったりすると、体内の「気」のバランスが崩れて、うつ病等の精神病にかかりやすくなります。
漢方において、この「気」は生命活動を維持するエネルギーであると考えられており、「気」の変化は心身の活動に影響及ぼしてしまいます。

そのため、「気」の流れにストレス等の影響によって異常が発生すると、心と体の両面に病気が現れるようになり、初期の「気」の異常状態を「気うつ(気滞)」と呼んでいます。

この「気うつ」は「気」が停滞した様態で、気分が落ち込んだり、不安やイライラに襲われたりしますが、この状態が悪化し、「気虚」という「気」が不足した状態となると、無表情となって何もやる気が起こらないという状態に陥ります。

漢方の治療では、自覚症状と他覚症状・体質による総合判断である「証」を考慮し、体力が弱っている状態を「虚証」、体力が充実している状態を「実証」、そして両者の中間の状態を「中間証」と呼んでいます。

漢方薬は、この「証」とうつ病の進行度に応じて選択するようになります。

加味帰脾湯、柴胡桂枝乾姜湯、加味逍遥散、体力が虚弱の患者に香蘇散

「虚証」の特徴としては、体力や抵抗力が低下していて、生理機能が衰えている状態であり、痩せていて顔色が悪く、疲れやすく、消化器系が弱くなっているという点が挙げられます。

具体的な漢方薬としては、体力が中等度以下の患者に、加味帰脾湯、柴胡桂枝乾姜湯、加味逍遥散、体力が虚弱の患者に香蘇散といった漢方薬が用いられることが多くなっているようです。

「虚証」の特徴としては、体力・抵抗力があり、生理機能が高まっている状態で、筋肉質で体格もよく、消化器系が丈夫であるなどの点が挙げられます。具体的な漢方薬としては、体力が中等度以上の患者に柴胡加竜骨牡蛎湯、体力の充実した患者に大承気湯といった漢方薬が用いられることが多くなっているようです。

「中間証」は、ある特徴は「虚証」を示し、別の特徴は「実証」を示しているというように、特徴が明確に虚実のどちらかに偏ることがない場合です。
具体的な漢方薬としては、体力が中等度以下の患者に半夏厚朴湯、体力が中等度の患者に、柴朴湯といった漢方薬が用いられることが多くなっているようです。

授乳中の方は乳児が下痢になる可能性がありますので注意が必要

このような漢方薬のなかで、柴胡加竜骨牡蛎湯、大承気湯は、妊婦が使用した場合は流早産の危険性があり、授乳中の方は乳児が下痢になる可能性がありますので注意が必要です。


また、半夏厚朴湯、柴朴湯、加味帰脾湯、柴胡桂枝乾姜湯、香蘇散は、妊婦・妊娠している可能性のある方は使用できない場合がありますので注意が必要です。

漢方薬は副作用が少ないとはいえ、個人の体質や病態に合った微妙な処方は難しくなっています。

そのため、漢方に熟練した医師や薬剤師に処方してもらうようにしたほうが無難であると思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 躁うつ病 ブログ
    私は51歳男性で、妻と子供が3人います。 今から18年前、34歳の時に出張先で突然強い不安感に…
  2. 真矢ミキ うつ病
    過去に軽いうつ状態だったことを告白している真矢ミキさん 真矢ミキさんは、オスカープロモーション…
  3. パニック障害 深瀬 うつ病
    過去にパニック障害を患った経験があるSEKAI NO OWARI 深瀬さん SEKAI NO …
  4. ブラッドピット うつ病
    うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆…
  5. うつ病 体験記 ブログ
    産後間もなくして情緒不安定になる産後うつ病 マタニティーブルーとは、待望の赤ちゃんが産まれてと…
  6. 鬱病 体験記
    私自身が今現在うつ病です。 段階は中と強の間位と、医師の検査で診断されました。 私自身の…

うつ病の芸能人・有名人

  1. うつ病 体験記

    うつ病の芸能人・有名人一覧【2018年最新】

    うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われる…
  2. 岸部四郎 うつ病

    岸辺シローさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自己破産、脳出血、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん 岸辺シローさんは、京都府京都市…
  3. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害

    ロビン・ウィリアムズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
  4. 岡村隆史 うつ病

    岡村隆史さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    心の病気「うつ」だったことを岡村隆史さんは告白しています。 岡村隆史さんは、日本のお笑いタレン…
  5. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  6. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  7. 松本人志 うつ病

    松本人志さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エー…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る