北杜夫さんの場合。双極I型障害を発症。【うつ病の芸能人・有名人】



北杜夫 躁鬱病 双極性障害

北杜夫さんは、精神科医で、医学博士でもある、日本の小説家、エッセイストです

北杜夫さんの作品としては「どくとるマンボウ昆虫記」が有名で、ファンも多く、また、芥川賞作家でもあります。そんな北杜夫さんは躁うつ病患者としても知られています。

北杜夫さんは、現在の東京都港区南青山である、東京市赤坂区青山南町に、母である斎藤輝子さんと、父である茂吉さんの次男として生まれ、その生家は輝子さんの実父である斎藤紀一さんが創設した、精神病院である「青山脳病院」でした。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

北杜夫さんの経歴は?

少年時代は昆虫採集に熱中する日々を送っていたようで、文学には興味を抱いていなかったそうです。
戦中から戦後の混乱の最中に、ファーブルのような昆虫学者になるべく、松本高校に入学しました。

そして、学友たちと刺激しあう日々を送っている中で、初めてトーマス・マンの作品に出逢い、その作品の中でも「トニオ・クレーゲル」や「魔の山」から、深い影響を与えられた事がきっかけとなり、作家を志すようになっていきます。

そして、「トニオ・クレーゲル」の影響で、北杜夫さんは、大学時代に小説を書き始めました。

その後、さまざまな雑誌の懸賞に応募しましたが、片端から落選してしまい、一度だけ一人だけで発行している会社のカストリ雑誌に代作者として採用されました。

そこで、1枚30円の原稿料を貰ったのが職業作家としての第一歩でしたが、その雑誌は本屋で探しても売っておらず、露店販売しているのを一回見つけただけだったそうで、その後すぐに会社自体が無くなってしまったそうです。

精神科医として勤める傍らで、同人雑誌「文藝首都」に参加

北杜夫さんは、大学卒業後は東京に戻り、慶應義塾大学病院のインターンとなりましたが、無給であったので、すでに所帯を構えていた兄の斎藤茂太さんの自宅に居候していました。

そして、精神科医として勤める傍らで、同人雑誌「文藝首都」に参加し、川上宗薫さん、佐藤愛子さん、田畑麦彦さん、なだいなださんの知己を得ており、1954年に、「文藝首都」に連載した「幽霊」を、田畑さんの「祭壇」とともに同装丁で自主出版しています。

1955年(昭和30年)12月には、山梨県甲府市里吉町の、現在は韮崎市旭町上條南割に移転した山梨県立北病院である、県立玉諸病院に一年間勤務しており、この時の甲府時代の様子は「どくとるマンボウ医局記」や辻邦生さんとの往復書簡によって知られています。

1958年、11月~翌年4月にかけては、水産庁の漁業調査船照洋丸に船医として乗船し、インド洋から欧州にかけて航海しており、これはドイツに訪問することが乗船の動機だったそうです。

そして、この時の体験について書いた、旅行記的エッセイである、「どくとるマンボウ航海記」が同年に刊行されましたが、これが、従来の日本文学にないナンセンスで陽性なユーモアにより、たちまち評判となり、ベストセラーとなりました。

その後、ナチス・ドイツの「夜と霧作戦」をモチーフにした「夜と霧の隅で」で、1960年に第43回芥川龍之介賞を受賞し、それ以降は、小説、エッセイともに、特に若い読者から熱狂的に支持される人気作家となっていきました。

北杜夫さんは、大学時代の登山経験から、1965年、カラコルム・ディラン峰への遠征隊に医師として参加しており、この体験をもとに「白きたおやかな峰」が書かれたそうです。

1976年~1977年にかけて、北杜夫さんは、新潮社より全集を刊行していますが、斎藤茂吉さんも生前の全集刊行を行っていることから、親子で生前に全集を刊行した最初の例となりました。

1981年1月1日、自宅を領土としている小さな独立国「マンボウ・マブゼ共和国」主席を名乗り、同国は真の共産主義国家であるとして、実在の共産主義国家は偽者として批判しており、特に訪問経験のあるソビエト連邦には辛口であったそうです。

もっとも、北杜夫さんは原則として政治的発言はしない作家でしたので、このマンボウ・マブゼ共和国についてもシャレ以上の意味を持たせるつまりはなく、また、この時の北杜夫さんは極端な躁状態だったようです。

ムツゴロウこと畑正憲さんと対談した際には、北杜夫さんがムツゴロウ動物王国とマンボウ国で日本から分離独立し、同盟を結ぶ提案をしたことがあったそうです。

北杜夫さんは、日本のブラジル移民について描いた「輝ける碧き空の下で」を新潮に連載、1982年に第一部を、1986年に第二部をそれぞれ刊行しており、同年、この第二部によって日本文学大賞を受賞しています。

みずからの病状をエッセイなどでユーモラスに記していた北杜夫さん

前述の通り、北杜夫さんは、壮年期より躁うつ病(双極I型障害)を発症していましたが、みずからの病状をエッセイなどでユーモラスに記していたため、世間の躁うつ病に対するマイナスイメージを和らげるのに一役買うこととなりました。

1976年には躁状態で「チャップリンのような大喜劇映画を作りたい」と夢想していたので、映画の製作資金を作るために株に投資し、巨額の損失を蒙りました。

その穴埋めのために、東京都世田谷区にある自宅を抵当に入れて、新潮社や銀行の他、佐藤愛子さん個人からも1000万円を借金していたため、自己破産と準禁治産宣告に追い込まれました。

このころ山口瞳さんに電話をしてサントリーのCMへの出演を斡旋してもらおうとしていたそうですが、断られたようです。

当時の北杜夫さんの負債は1億円以上あり、1976年11月の税金の滞納額は1000万円以上にのぼっていたそうで、このような経験が戯曲風小説「悪魔のくる家」の執筆のヒントになったとされています。

北杜夫さん本人もエッセイなどで述べているように、実父である茂吉の激し易い性情を北杜夫さんは引き継いでいるようです。

そのため、家族は長年にわたり大変な心労と大迷惑を受けており、この時の体験から娘の斎藤由香さんは、作家などと違う「安定している」サラリーマンを目指したと記しています。

そして、斎藤由香さんは、父である北杜夫さんの病気を家族が乗り切れたのは、ひとえに母のおかげであるとも記しています。

母は父の人格を否定したり、ののしったりすることは一度もなかったそうです。そのように心から支えてくれる存在がうつ病患者には大切なんだということを改めて感じさせられました。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ病 ブログ
    大手のソフトウェア会社に勤務している40代のサラリーマン(男性)です。 数年前にうつ病となり3…
  2. 石田明 ノンスタイル うつ病
    過去にうつ病であったことを告白しているNONSTYLE石田明さん 石田明さんは、よしもとクリエ…
  3. 症状 抗鬱剤 副作用
    私は11年前にうつ病になり、今でも通院をしながら在宅で仕事をしています。 当時の年齢は34歳で…
  4. うつ病 躁鬱病 ブログ
    新人の息子が職場で疲れ切って帰ってくる毎日 そのしばらく前から、洗面所にやたら髪が抜け落ちてい…
  5. 症状 抗鬱剤 副作用
    セレナールは、1970年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 副作用も弱いですが、…
  6. 藤原紀香 うつ病
    うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していた藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の…

うつ病の芸能人・有名人

  1. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害

    ロビン・ウィリアムズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
  2. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
  3. 木の実 ナナ うつ病 更年期障害

    木の実 ナナさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向…
  4. うつ病 体験記

    うつ病の芸能人・有名人一覧【2018年最新】

    うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われる…
  5. 岸部四郎 うつ病

    岸辺シローさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自己破産、脳出血、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん 岸辺シローさんは、京都府京都市…
  6. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  7. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る