うつ病 症状

他の病気として誤診されてしまう可能性が高い?仮面うつ病

普通、うつ病とは思えないような、他の症状の発生という仮面によって、うつ病本来の症状が見えにくくなっているうつ病のことを、仮面うつ病といいます。
一見しただけだと、うつ病ではなく、それ以外の病気のように見えてしまうため、他の病気として誤診されてしまう可能性が高くなる病気となっていますが、その正体はうつ病です。

仮面うつ病とは、1950年代で既に認識されていた、古い概念となってはいます。

普通、うつ病というと、落ち込んでしまう、興味や喜びを感じなくなってしまう、集中力とかやる気がなくなる、消えたくなってしまう等の精神的な症状が見られるものが典型的となっており、こういった症状がある場合では、うつ病の診断も正確に行われやすくなります。

ただ、うつ病の中には、なんかだるい、下痢が続く、お腹が痛い、頭痛が止まないなどという一見すると、うつ病とは関係ないと思われるような症状が多く発生するものがあり、これを仮面うつ病と呼んでいます。
このような症状が出現した場合、内科を受診するという方が多くなりますが、内科でいくら検査したとしても、その症状の原因と思われる異常が見つかりません。

また、頭痛薬や胃薬などによって内科的な治療をいくらしたとしても、これらの症状は改善しません。

そこで、「これはどうも内科の病気ではなさそうだ」ということで、より詳しくその症状を解析してみると、身体症状の背後にわずかながらも抑うつ症状が隠れており、そして、うつ病の治療をこのような患者に実施した場合、良く反応し、改善していくようになります。

このように、主に軽症のうつ病の患者の中で、落ち込んでしまうなどの、典型的なうつ病の精神面での症状が、あまり発生してはおらず、身体的な症状である、腹痛、頭痛、倦怠感などの症状が発生しているうつ病があることが発見され、このようなうつ病のことを「仮面うつ病」と呼ぶようになりました。

仮面うつ病の症状はその患者ごとにそれぞれ異なり、一概には断定できません。
しかし、その症状を大きく分けると全身を襲う症状である全身症状と、部分的な症状に分けることができます。

仮面うつ病において、もっとも一般的な症状としてあらわれるのは、倦怠感や全身の疲労感であり、身体のだるさを感じるのは、ただ単に疲れている影響だと思いがちですが、それは、いくら休養しても回復しません。

週末に十分に休んだとしても、月曜日にはまだ疲れが残っているというようになってしまいます。
また、睡眠障害や不眠も、仮面うつ病においてよく発生する症状としては、特に夜中の2時から1時ごろまでの間に目が覚めてしまう早朝覚醒という睡眠障害が多くなっています。

不眠が続いてしまうと仕事の能率も下がるため、身体にもさまざまな異常があらわれるようになります。

また、「性欲の減退」、「食欲不振」も全身症状としてあらわれるようになり、性欲も食欲も人間の本能となっていますが、仮面うつ病を発症すると、生きる力が低下して、そうした人間としての根源的な欲求も低下してしまうようになります。

食欲不振が続いてしまうと、当然やせてきてしまいます。

そして、体重も減少し、また性欲の減退は、男性の場合ではインポテンツ、女性の場合では無月経などの症状としてあらわれるようになります。
仮面うつ病の全身に発生する症状としては、これらのように体調がどこかいつもと違ってすぐれない、という違和感から始まっていきます。

次に部分的症状では、全身症状で出る症状とは異なり、症状がはっきりと局所的に出てくるということが特徴的となっています。
症状がもっともあらわれやすい臓器は「胃腸」となっており、具体的には腹痛、吐き気、また、そのほかにも嚥下困難、便秘、味覚異常、胸やけ、食道や喉の狭まった感じなどの症状があらわれます。

このような症状が長く続いた場合、、過敏性腸症候群や慢性胃炎やなどと診断されることが多くなっているため、実はうつ病が隠れているということが見逃されてしまうことが多くなっています。

また心臓に発生する症状としては、動悸や胸部の不快感、狭心症の発作時に起こる不安感などがあり、さらに、立ちくらみや動悸をともなう病気として、思春期に起こる「起立性調節障害」という病気があります。

しかし、この「起立性調節障害」ではと疑われていて、実際は仮面うつ病を発症していたというケースも多くなっているため、頭痛、腹痛、全身の倦怠感などをともなう場合は注意が必要となります。

その他の症状として、呼吸器官に発生する症状としては、呼吸困難感、胸痛、過呼吸などがあります。

ただ、うつ病診断のバロメーターになるのは、「ため息」となっています。
そのため、注意が必要なのは、無意識のうちにため息をつくことを繰り返している時です。

その他に発生する部分的な症状としては、手足のしびれ、腰痛、背中の痛み、頭痛、肩こり、筋肉痛など、人によって、実にさまざまなものがあります。

さらに泌尿・生殖器官に発生する症状としては、排尿痛、不感症、頻尿、睾丸の痛みなどがあり、副交感神経、交感神経がバランスを失ってしまい、そのために自律神経性症状としての耳鳴り、目のかすみ、めまい、口の渇き、発汗などの症状があらわれるということもあり、仮面うつ病では、このような部分的な症状を多くともないます。

しかし、最大の特徴は「痛み」であり、胸痛、腹痛などによる、身体の各部分の痛みは、倦怠感、睡眠障害などとならぶ、仮面うつ病の代表的な症状であり、発生頻度の高いものとなっています。

しかし、痛み止めなどの薬を使用しても、あまり治療効果はありません。

そのため、これらの機能を回復させるためには、仮面うつ病の本当の原因である精神的な症状をつきとめ、適切な治療をするということが何よりも必要となります。

仮面うつ病の主な治療方法として、一般のうつ病と同様に、抗うつ薬の服用によって症状はよくなります。

「病は気から」という格言の通り、体の不調の原因はまず心からという場合もありますので、仮面うつ病には十分に注意するようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ病 診断
    今から10年ほど前に私の義姉が里帰り出産をしました。 その時に産後うつ病になったので、その経験…
  2. 躁うつ病 ブログ
    私は51歳男性で、妻と子供が3人います。 今から18年前、34歳の時に出張先で突然強い不安感に…
  3. うつ病 体験記
    うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われる…
  4. 症状 抗鬱剤 副作用
    セレナールは、1970年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 副作用も弱いですが、…
  5. 萩原流行 うつ病 事故 バイク
    うつ病による注意力の散漫が事故の原因といわれている萩原流行さん 萩原流行さんは、日本のダンサー…
  6. うつ病 ブログ
    大うつ病性障害とは、うつ病性障害のひとつで、最もよくみられるタイプのうつ病となっています。 大…

うつ病の芸能人・有名人

  1. オードリー ヘップバーン うつ病

    オードリー・ヘップバーンさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    オードリー・ヘップバーンさんの人生は、戦争やうつ病など波乱に満ちたものでした。 オードリー・ヘ…
  2. 渡辺 正行 うつ病

    渡辺 正行さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現い…
  3. 武田鉄矢 うつ病

    武田鉄矢さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「101回目のプロポーズ」の頃、うつ病の症状が出始めた武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手…
  4. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  5. 木の実 ナナ うつ病 更年期障害

    木の実 ナナさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向…
  6. 庵野秀明 うつ病

    庵野秀明さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のア…
  7. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る