デパス(エチゾラム)の効能、効果は?副作用はある?【抗不安薬(精神安定剤)】



抗鬱剤 副作用 効果 効能

デパスは、1984年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。

効果が強いため、副作用も強く、依存性も高いので、使い方には注意が必要と言えます。

デパス(エチゾラム)の効能、効果とは

デパスを含めたベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、GABAという神経伝達物質の働きを強めることで、脳の活動を抑え、リラックスさせることができます。

不安の緩和、睡眠作用、筋肉の緊張をほぐす、けいれんを抑えるという4つの効果があり、薬によってその強さは異なります。

デパスは、不安の緩和と睡眠作用が強く、筋弛緩作用はやや強め、けいれんを抑えるのはそこまで強くはありません。

全体的には強い薬となるため、その分、副作用も強くなってしまいがちです。

睡眠作用が強いため、不安感による睡眠に悩んでいる場合に効果があります。

また、筋弛緩作用もやや強めなので、肩こりなどにも効果があります。

服用して20~30分ほどで効果が出てきます。

その後3時間ほどで、ピークを迎え、徐々に効果が薄れてきます。
1回の量は、0.25mgか0.5mgか1mgのうちで効果が見られる量を飲むようにします。

最初は少ない量から試していきます。
1日で最大3mgまで使うことができるので、1日中効果を持続させるためには、適量を1日3回飲むようにします。

副作用はどういったものがあるか

睡眠作用が強いこともあり、日中に眠くなってしまうことがあります。
よく眠ることができるのですが、睡眠の質を下げてしまうことがあります。

深く眠ることができないためです。

ですので、睡眠時間が長くても、良い睡眠をとれているとは言えないことがあります。
また、筋弛緩作用がやや強いことで、ふらつきを起こしてしまうことがあり、転倒してしまうことが多くなったりします。

副作用が強く出てきた場合には、主治医に相談し、量を減らしたり、薬を変えたりしていきます。

効果が強い場合には依存性が高くなってしまいます。

ベンゾジアゼピン系の抗不安は、作用時間が短く、かつ、効果が強い場合には依存性が高くなってしまいます。

デパスは、作用時間が短く、効果も強いため、依存性が高くなります。
身体的な依存としては、離脱症状が見られます。

離脱症状とは、薬をやめることで不安感などの症状が強くなってしまい、また薬を飲み続けて、やめたくてもやめられない状態のことを言います。

精神的な依存としては、強い薬なので、頼ってしまいがちになってしまうということが見られます。

また、薬に慣れてしまい、最初は1錠で効いていたものが効かなくなってきて、だんだんと量が増えていってしまうということもあります。

依存してしまわないように気を付けてください。

デパス(エチゾラム)が向いている人とは

不安感が強く出てしまっている方など、症状が強い場合には、最初から使うこともありますが、様子を見る場合には、最初は効果が弱い薬からにします。

効果が弱いと副作用も弱いためです。他の薬を試してみて、効果が見られないときに、デパスを飲むようにします。

高齢者などには向いていません。
筋肉の緊張がほぐれてしまうことで、ふらつきが起こりやすいからです。

転倒してしまって、怪我のもとにもなりかねません。

デパスは、その効果が強いため、即効性があるように感じますが、実はそれほど即効性があるとは言えません。

他の薬でもっと即効性のあるものがありますので、すぐに効果を出したい場合には、そういった即効性の強い薬にした方が良いです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. うつ病 体験記 ブログ
    産後間もなくして情緒不安定になる産後うつ病 マタニティーブルーとは、待望の赤ちゃんが産まれてと…
  2. 長嶋一茂 うつ病 パニック障害
    母親の死をきっかけに、うつ病も発症した長嶋一茂さん 長嶋一茂さんは、東京都大田区田園調布出身で…
  3. 漢方薬 うつ病 治療
    うつ病のいろいろな症状に対して単一の処方(薬方薬)で対応可能 現在、うつ病の日本国内の患者は1…
  4. うつ病 ブログ
    発症した年齢によって「初老期うつ病」、「閉経期うつ病」、「更年期うつ病」 退行期うつ病とは、主…
  5. うつ病 症状
    他の病気として誤診されてしまう可能性が高い?仮面うつ病 普通、うつ病とは思えないような、他の症…
  6. 岸部四郎 うつ病
    自己破産、脳出血、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん 岸辺シローさんは、京都府京都市…

うつ病の芸能人・有名人

  1. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症

    中島らもさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  2. うつ病 体験記

    うつ病の芸能人・有名人一覧【2018年最新】

    うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われる…
  3. 高木美保 うつ病 パニック障害

    高木 美保さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自力でそのうつを克服した高木 美保さん 高木 美保さんは、東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ちの…
  4. 武田鉄矢 うつ病

    武田鉄矢さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「101回目のプロポーズ」の頃、うつ病の症状が出始めた武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手…
  5. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害

    ロビン・ウィリアムズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
  6. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
  7. 庵野秀明 うつ病

    庵野秀明さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のア…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る