うつ病 ブログ

症状として最初に現れたのは朝起きられなくなることです。

私は現在うつ病(「精神障害と診断の統合マニュアル 第5版 (DSM-5) 」を基準とする医学的分類では「大うつ病性障害( 英名:Major depressive disorder )」に分類される)を患い闘病中です。

症状として最初に現れたのは朝起きられなくなることです。会社へ行こうと思うと吐き気と頭痛に襲われ、結局出社出来ない日々が続き退職せざるを得ない状況となりました。

「これは仕事をしたくない自分の甘えなのではないか」

と自分を責める日々の中、仕事はしなければ食べてはいけませんので日雇い派遣などで何とか食い繋ぐ日々が続き、ココロもカラダもすり減っていくのを感じていました。

原因として考えられるのは仕事の転勤に合わせた引っ越しと、それに伴う失恋です。

20年以上住み続けた地元を離れ見知らぬ場所で新生活を始めるというのは想像以上に大変なことで、当時交際していた彼とも会えない日々が続きました。
そんな中、彼の浮気が発覚し、ろくな話し合いもしないまま交際は破綻したのです。

ここまで来ても何とか会社では平気な顔をして勤務していたのですが、今思えば少しずつ何かが狂い始めていたのだと思います。

そして仕事を辞めた私は更に孤独になり、脳内には常に「死にたい」という4文字が渦巻くようになりました。

そこからは煙草の火を腕に押し付けてみたり、カミソリで手首を切ってみたり、自虐行動の嵐が続きます。
そんな私の変化に気付いた知人の勧めで、当時23歳だった私は始めて精神科の門を叩きました。

先生が「もう、一人で頑張らなくていいんだよ」と言ってくれたとき、ようやく何かから救われたような気がしたのを覚えています。

治療内容としては、まず当時不眠症の症状も併発していたため、これを改善するために「ベンザリン」という睡眠導入剤が処方されました。

また、抗うつ薬に関しては何種類か試したあと、最も副作用が少なく抑うつ気分を改善する効果も高かった「パキシル」が処方され、他に不安の症状を抑えるための「レキソタン」、耐えられないレベルの精神的な不安に襲われた際やベンザリンだけでは眠れないときに頓服として服用する「デパス」などを処方して頂きました。

もちろんこれを飲んだからといって、簡単に治るわけではありません。症状が悪化したときには閉鎖病棟での入院を余儀なくされ、点滴や注射などで症状を抑えていたこともあります。

今現在、発病から7年以上の月日が経過し、睡眠導入剤は無くても眠れるようになりました。

まだパキシルだけは服用を続けていますが、他のお薬はほとんど飲んでいません。

通院に関しても最初は週1回でしたが、現在は月1回となり日常生活は問題なくこなしています。

…というよりは、自分がどのようなことがきっかけで抑うつ状態に陥るのかが段々と分かってきたので、そういうときは人と会うのを避けるなど多少ですがコントロールが出来るようになってきたのだと思います。

今は実家に戻り家族の手を借りていますが、少しずつ出来ることが増えていくことに小さな喜びを感じながら生きる日々です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アロマセラピー うつ病
    アロマとはリラクゼーション効果を目的とした、病気に対する予防法 アロマセラピーは、英語が語源で…
  2. 抗鬱剤 副作用 効果 効能
    リボトリールは、1981年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 効果がしっかりして…
  3. 真矢ミキ うつ病
    過去に軽いうつ状態だったことを告白している真矢ミキさん 真矢ミキさんは、オスカープロモーション…
  4. うつ病 ブログ
    父が躁鬱病ですが、母の話では結婚前から症状は出ていた見たいです。 躁鬱がはっきりと出てきたのは…
  5. 躁鬱病 ブログ
    夫はもともと神経の細やかな人で、内科で安定剤や睡眠薬を処方してもらっていました。 診断は「神経…
  6. うつ病 診断
    もともと感情的に浮き沈みがある方です。 それにホルモンバランスの影響などで気分が沈んだり落ち込…

うつ病の芸能人・有名人

  1. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  2. 岸部四郎 うつ病

    岸辺シローさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自己破産、脳出血、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん 岸辺シローさんは、京都府京都市…
  3. 木の実 ナナ うつ病 更年期障害

    木の実 ナナさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向…
  4. ジム・キャリー うつ病

    ジム・キャリーさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらジム・キャリー ジム・キャ…
  5. 藤原紀香 うつ病

    藤原紀香さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病寸前で、一時は睡眠薬を服用していた藤原紀香さん 藤原紀香さんは、兵庫県西宮市出身の日本の…
  6. 渡辺 正行 うつ病

    渡辺 正行さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現い…
  7. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害

    ロビン・ウィリアムズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る