アーネスト・ヘミングウェイさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】



ヘミングウェイ うつ病 自殺

事故の後遺症による躁うつ病に悩み、自殺したアーネスト・ヘミングウェイ

アーネスト・ヘミングウェイさんは、1954年にノーベル文学賞を受賞した、アメリカの小説家であり、詩人です。

アーネスト・ヘミングウェイさんは、前述のノーベル文学賞を受賞した「老人と海」や二度にわたり映画化された「武器よさらば」などの数多くの作品を残しましたが、その一方で、躁うつ病も患っていたそうです。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

アーネスト・ヘミングウェイさんの経歴は?

アーネスト・ヘミングウェイさんは、現在のシカゴである、イリノイ州オークパークに生まれました。
アーネスト・ヘミングウェイさん自身は6人兄弟の長男であり、その母は元声楽家で、父は医師です。

その父は活動的な人物であったため、アーネスト・ヘミングウェイさんは、小さい頃からボクシングや釣り、狩猟などの手ほどきを受けていました。アーネスト・ヘミングウェイさんは、高校卒業後の1917年にミズーリ州のカンザスシティの地方紙である「カンザスシティ・スター(英語版)」紙の見習い記者となりますが、すぐに退職してしまいます。

その翌年、アーネスト・ヘミングウェイさんは、赤十字の一員として、第一次世界大戦における北イタリアのフォッサルタ戦線に赴きます。
しかし、その北イタリアのフォッサルタ戦線において、アーネスト・ヘミングウェイさんは、重傷を負ってしまいます。

第一次世界大戦後、アーネスト・ヘミングウェイさんは、カナダ・トロントにて「トロント・スター」紙のフリー記者をつとめます。
そこで、特派員としてパリに渡った際、ガートルード・スタインさんらとの知遇を得て、小説を書き始めました。アーネスト・ヘミングウェイさんは、行動派の作家であったため、1930年代には人民戦線政府側として、スペイン内戦にも積極的に関わりました。

そして、その経験を元にして、行動的な主人公をおいた小説を自分のものとしていき、自身の作品の中で「誰がために鐘は鳴る」、「武器よさらば」などの作品は、そうした経験が生かされた作品となっています。
そして、このような作品によって、当時のハリウッドに映画化の素材を提供していました。

アーネスト・ヘミングウェイさんの短編作品には、簡潔文体の作品が多くなっています。

これらの作品は、ダシール・ハメットさん、レイモンド・チャンドラーさんと、アーネスト・ヘミングウェイさん以後に続いていく、ハードボイルド文学の原点ともされています。

1954年には、「老人と海」が大きく評価され、ノーベル文学賞を受賞しましたが、同年、二度の航空機事故に遭ってしまいます。

その航空機事故で、アーネスト・ヘミングウェイさんは、二度とも奇跡的に生還しましたが、重傷を負ってしまったため、ノーベル文学賞の授賞式には出席できませんでした。

そして、この航空機事故での負傷以降、アーネスト・ヘミングウェイさんのこれまでの売りであった肉体的な頑強さや、行動的な面を取り戻すことはありませんでした。

アーネスト・ヘミングウェイさんは、晩年、前述の航空機事故の後遺症による躁うつ病に悩まされるようになりました。

その後、執筆活動自体も次第に滞りがちになっていき、1961年、アーネスト・ヘミングウェイさんは、ショットガンで自殺しました。
自殺当初は、手入れの際に起きた暴発による事故死と報じられましたが、その後、アーネスト・ヘミングウェイさんの遺書が発見されたため、自殺と断定されました。

アーネスト・ヘミングウェイさんは、前述の航空機事故以降、精神的に気分の変動が激しくなることが多くなり、上機嫌かと思うったらすぐに塞ぎこんでしまうということもあったため、有名なメイヨウ・クリニックに入院し、電気ショック療法を受けました。

しかし、うつ状態から回復できずに、前述の通り、ショットガンで頭を撃ち抜き、自殺してしまいます。

このようなアーネスト・ヘミングウェイさんの、気分の変動が激しいという精神症状は、躁うつ病の典型的な症状といえます。

アーネスト・ヘミングウェイさんの場合、この激しい気分の変動という症状は、手に負えないレベルまで達してしまったそうです。

アーネスト・ヘミングウェイさんは、女性、酒、狩猟、釣りなどを人生で愛していたとされていますが、最も情熱を傾けていたのは文学だったといわれています。

しかし、うつ病の療法である、電気ショック療法の副作用では記憶の喪失があらわれるため、過去の体験からインスピレーションを得て作品を書いていたアーネスト・ヘミングウェイさんにとっては、治療を続けることは何も書けなくなることを意味しました。

文学が生きがいだったといえるアーネスト・ヘミングウェイさんにとって、これは死ぬほど辛い事だったのではないでしょうか。

心よりご冥福をお祈りいたします。

>>うつ病の芸能人・有名人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. 躁鬱病 ブログ
    双極性障害とは、従来、躁うつ病と呼ばれていました。 この双極性障害の「双極」とは「2つの極」と…
  2. 木の実 ナナ うつ病 更年期障害
    更年期性うつ病になった木の実 ナナさん 木の実 ナナさんは、東京都向島区寺島町(現在の墨田区向…
  3. 岸部四郎 うつ病
    自己破産、脳出血、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん 岸辺シローさんは、京都府京都市…
  4. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害
    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
  5. 躁鬱病 ブログ
    心配させまいという一心で必死に笑顔を作る微笑みうつ病 微笑みうつ病とは、心に抑うつ症状を抱えて…
  6. 抗鬱剤 効能 副作用
    セルシンは、1964年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 古い薬ですが、効果がし…

うつ病の芸能人・有名人

  1. オードリー ヘップバーン うつ病

    オードリー・ヘップバーンさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    オードリー・ヘップバーンさんの人生は、戦争やうつ病など波乱に満ちたものでした。 オードリー・ヘ…
  2. 庵野秀明 うつ病

    庵野秀明さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開直後にうつ状態 庵野秀明さんは、山口県宇部市出身の日本のア…
  3. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  4. ジム・キャリー うつ病

    ジム・キャリーさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらジム・キャリー ジム・キャ…
  5. 松本人志 うつ病

    松本人志さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エー…
  6. 岡村隆史 うつ病

    岡村隆史さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    心の病気「うつ」だったことを岡村隆史さんは告白しています。 岡村隆史さんは、日本のお笑いタレン…
  7. 武田鉄矢 うつ病

    武田鉄矢さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「101回目のプロポーズ」の頃、うつ病の症状が出始めた武田鉄矢さん 武田鉄矢さんは、日本の歌手…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る