チロシンとは?効果・副作用は?【うつ病に効くサプリメント】



抗鬱剤 副作用

チロシンとは、フェニルアラニンという必須アミノ酸から作られるアミノ酸の一種です。

チロシンは必須アミノ酸ではないのですが、神経や脳が正常に働くために必要不可欠なアミノ酸です。
チロシンは精神機能、感情、性的衝動を脳内で司る重要な神経伝達物質であるノルアドレナリン、ドーパミンの前駆体であり、脳機能を活性化させる働きを持っています。

身近な例をあげると、若いタケノコの切り口に見られる白いアク、納豆、みそ、チーズ等の表面に白く析出してくる結晶がチロシンであり、水に溶けにくいという特徴もあります。

チロシンの効果としては、まず、前述の通り、ドーパミンの前駆体であるため、ドーパミンが脳に興奮状態をもたらし、モチベーションを高める作用があるため、やる気や行動力を高める効果が期待できます。

また、同じくチロシンはノルアドレナリンの前駆体でもあるため、脳内に緊張をもたらし、集中力や判断力を増強させる効果も期待できます。

次に、チロシンにはストレス耐性を高める効果も期待できます。

これは、研究によって既にチロシンを摂取するかどうかによってストレス耐性に違いが出ることがわかっており、この結果によると、チロシンを摂取した人のほうが抗ストレス効果が現れたとのことです。
人間は強いストレスを受けた時、ノルアドレナリンやアドレナリンを分泌させてストレスに対抗しますが、このノルアドレナリンやアドレナリンの原料はチロシンであるため、強いストレスを受け続けるとチロシンを大量に消費してしまいます。

これによって体内のチロシンが不足してしまうと、ストレスに対抗することができなくなるため、無気力感や強い疲労感を感じるようになり、ついにはうつ病に発展してしまうことになります。

したがって、常に体内に適量のチロシンを存在させることがストレスと戦うための耐性を高めるために重要となります。

チロシンのその他の効果としては、慢性疲労症候群の改善があります。

慢性疲労症候群(CFS)とは、特定の精神的な原因、筋肉や神経の障害等の身体的な原因があるわけでもないのに、長期間にわたって著しい疲労や倦怠感が現れる症候群です。

慢性疲労症候群はここ10年ほどで急激に増加しており、現在でも増え続けていますが、チロシンは神経伝達物質を回復する作用を持っているため、この慢性疲労症候群を軽減するということが近年の数々の研究によって明らかとなっています。

また、チロシンには成長ホルモンの生成を促進する可能性があるともいわれています。

成長ホルモンは睡眠中に分泌され、脂肪を燃焼させて、それをエネルギーと筋肉に変え、さらに傷の治りを早め、病気の抵抗力を高めるという働きを持っています。

チロシンはこの成長ホルモンの生成を促すと考えられているのですが、科学的にはまだ実証されていません。

ちなみにチロシンの他のアミノ酸の中で、アルギニン、トリプトファン、グリシン、オルチニンが成長ホルモン増加物質です。

これらの物質は互いに働きあって相互作用するため、一緒に摂取すると効率よく効果を発揮するようになります。

チロシンに副作用はほぼ無いようですが、過剰摂取には気を付けるようにしましょう。

特に成長途中で脳が発達中である子供は、チロシンを過剰に摂取すると栄養のバランスがくずれて脳の発達に悪影響を与える可能性があります。

また、濃縮されたアミノ酸は腎臓に負担をかける恐れがありますので、持病に腎臓病を抱えている方や肝臓がもともと悪い方は注意するようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アロマセラピー うつ病
    アロマとはリラクゼーション効果を目的とした、病気に対する予防法 アロマセラピーは、英語が語源で…
  2. レディーガガ うつ病
    2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白 レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽…
  3. 松本人志 うつ病
    東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エー…
  4. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症
    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  5. うつ病 ブログ
    父が躁鬱病ですが、母の話では結婚前から症状は出ていた見たいです。 躁鬱がはっきりと出てきたのは…
  6. 太宰治 うつ病 自殺
    39歳の若さで愛人と共に玉川に入水自殺した太宰治 太宰治さんは、薬物中毒や自殺未遂を克服して、…

うつ病の芸能人・有名人

  1. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害

    ロビン・ウィリアムズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
  2. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  3. ブラッドピット うつ病

    ブラッド・ピットさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆…
  4. 岡村隆史 うつ病

    岡村隆史さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    心の病気「うつ」だったことを岡村隆史さんは告白しています。 岡村隆史さんは、日本のお笑いタレン…
  5. レディーガガ うつ病

    レディー・ガガさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    2013年末のツアー中に、うつ病を患っていると告白 レディー・ガガさんは、アメリカ合衆国の音楽…
  6. 岸部四郎 うつ病

    岸辺シローさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自己破産、脳出血、パニック障害、うつ病を乗り越えた岸部四郎さん 岸辺シローさんは、京都府京都市…
  7. ジム・キャリー うつ病

    ジム・キャリーさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらジム・キャリー ジム・キャ…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る