セントジョーンズワート 効果 効能

セントジョンズウォートはドイツでうつ病の治療薬として用いられています。

セントジョンズウォートとは、日本では古くから鎮静剤や止血に用いられてきた植物であり、別名:セイヨウオトギリソウと呼ばれています。
セントジョンズウォートは、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに自生するハーブです。

その名前の由来は聖ヨハネ(St.Johns)からきており、太陽の位置が一年で最も高い夏至の頃に花を咲かせます。

そのためセントジョンズウォートは、古くから太陽の力が宿っているハーブだと考えられており、聖ヨハネの日である6/24の正午に収穫したものが最も治癒力が高いともいわれていたそうです。

多くの国においてうつ症状の改善を目的とした治療薬として認可

セントジョンズウォートは、ヨーロッパ等だけではなく、中国では小連翹(ショウレンギョウ)と呼ばれ、こちらでも日本と同様に鎮静剤や止血用として用いられてきました。
アメリカにおいてもセントジョンズウォートの人気は高まってきており、ハッピーハーブやサンシャインハーブといった別名も付いています。

現在では、セントジョンズウォートはドイツでうつ病の治療薬として用いられています。
ドイツはハーブに関する医学的研究の先進国ですが、そのドイツ以外でも、ロシア、ポーランド、スイス、ルーマニア、イギリス等の多くの国において、セントジョンズウォートはうつ症状の改善を目的とした治療薬として認可されており、実際の治療に使用されています。

セントジョンズウォートがうつ病の治療薬として使用されている理由として、セントジョンズウォートと脳内物質との深い関係があります。
人間の身体には、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経伝達物質が存在します。

これらの働きが悪くなると、ストレスが発生し、身体が不調の状態となっていきます。

この神経伝達物質の中で、ノルアドレナリンは恐怖や驚き、ドーパミンは喜びや快楽といった感情を感じた時に分泌され、セロトニンはこのノルアドレナリンとドーパミンのバランスをコントロールする役目を持っています。

そのため、ストレスによる落ち込みや身体の不調を改善するには、セロトニンの不足を防ぐようにする必要があります。

セントジョンズウォートの主成分はヒペルフォリン、ヒぺリシンとなっています。

これらの物質は、セロトニンが神経細胞に再吸収されるのを防ぎ、セロトニンの量を増加させる働きがあり、さらに近年ではセロトニンの酸化を抑える働きがあることもわかってきました。

その他、セロトニンには、メラトニンという睡眠導入作用のあるホルモンの分泌を促進するという働きもあります。
そのため、セロトニンが増加すれば、気持ちが安定し、体内リズムの調節も行えて、ダブルの効果を発揮することができます。

セントジョンズウォートは、単独で使用している際には副作用はほとんどないとされています。

稀に副作用が発生したケースでは、口が渇く、めまい、日光過敏症、胃腸の不調等の症状が発生するようですが、セントジョンズウォートの使用を中止すればその症状はすぐになくなってしまうとのことです。

ただし、妊婦がセントジョンズウォートを使用すると、子宮の筋肉の緊張が強まり、流産してしまう可能性が高まり、また、女性が授乳中であった場合、母乳を通して赤ちゃんに危険が及んでしまう可能性もあります。

そのため、妊婦や授乳中の女性はセントジョンズウォートを使用しないようにしましょう。

また、セントジョンズウォートは他の薬と併用して使用すると、効果が弱くなったり、副作用が発生するということもありますので、現在服用している薬がある方は、必ず担当の医師や薬剤師と相談してから使用するようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンジェリーナ・ジョリー うつ病
    自殺傾向のあるうつ状態に悩まされたアンジェリーナ・ジョリーさん アンジェリーナ・ジョリーさんは…
  2. 中島らも うつ病 躁鬱病 アルコール依存症
    破天荒な人生を送った、中島らもさんは、長年、躁うつ病にも悩まされていました。 中島らもさんは、…
  3. うつ病 ブログ
    私は38歳の男性です。 32歳の時に介護の仕事をしていて、現場のリーダーになり部下からの圧力と…
  4. 萩原流行 うつ病 事故 バイク
    うつ病による注意力の散漫が事故の原因といわれている萩原流行さん 萩原流行さんは、日本のダンサー…
  5. 躁鬱病 ブログ
    私の弟は、発達障害があります。 小学生の時には怒りっぽく、喧嘩っ早い。 しかし男の子であった…
  6. 長嶋一茂 うつ病 パニック障害
    母親の死をきっかけに、うつ病も発症した長嶋一茂さん 長嶋一茂さんは、東京都大田区田園調布出身で…

うつ病の芸能人・有名人

  1. オードリー ヘップバーン うつ病

    オードリー・ヘップバーンさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    オードリー・ヘップバーンさんの人生は、戦争やうつ病など波乱に満ちたものでした。 オードリー・ヘ…
  2. 高木美保 うつ病 パニック障害

    高木 美保さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自力でそのうつを克服した高木 美保さん 高木 美保さんは、東京都葛飾区出身、千葉県松戸市育ちの…
  3. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  4. 松本人志 うつ病

    松本人志さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    東日本大震災の後、軽いうつ状態だった松本人志さん 松本人志さんは、よしもとクリエイティブ・エー…
  5. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
  6. ジム・キャリー うつ病

    ジム・キャリーさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらジム・キャリー ジム・キャ…
  7. うつ病 体験記

    うつ病の芸能人・有名人一覧【2018年最新】

    うつ病、躁鬱病を告白した芸能人・有名人達 現代病と言われる「うつ病」。 新型うつ病と言われる…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る