抗鬱剤 副作用 効果 効能

リラクミンSeはそんなセロトニン不足をサポートして安眠!

安眠に欠かせないホルモンとしてセロトニンが有名ですが、リラクミンSeとは、そのセロトニンを大幅にUPさせるサプリメントです。

体内のセロトニンが不足すると、ちょっとしたことでもイライラしたり、何をしても楽しく感じなかったしてしまうのですが、セロトニンは体内で生成することができません。




>>まずは安全なサプリで心と身体を休息させませんか?

そのため、サプリメントや食事等で補う必要があり、リラクミンSeはそんなセロトニン不足をサポートします。

リラクミンSeには優れた3つの成分が含まれており、その1つがラフマ葉エキスです。

ラフマ(羅布麻)はハーブの一種であり、その生命力の強さが特徴で、ミネラル・フラボノイド・ルチン・食物繊維等が豊富に含まれています。
ラフマ葉は健康茶等として古くから使われてきましたが、ラフマ葉に含まれるフラボノイド化合物が近年になって、セロトニン不足の対策に有効であることが判明したのです。

また、ラフマ葉の特徴として、セントジョーンズワート等の他の抗ストレスハーブと比較して、薬の相互作用がほとんどないということがあるため、安心のハーブ素材として、近年多くのサプリメントに配合されるようになっています。

次に、ラフマ葉との相性が抜群である、ギャバもリラクミンSeには含まれています。

ギャバはアミノ酸の一種であり、イライラやソワソワといったストレス社会に多く見られる症状を穏やかにし、気持ちを落ち着かせる作用があります。
そのため、ギャバは休息不足のサポートにもつながるとリラックス成分だと期待されており、ラフマ葉との併用でさらにゆったりとした効果をもたらします。

3つめとして、リラクミンSeにはクワンソウという成分が含まれています。

クワンソウは沖縄の家庭において、琉球王朝の時代から親しまれており、イライラやドキドキを落ち着かせたり、休息の質を高めてくれるハーブとされています。
クワンソウの乾燥させた葉は、なかなか寝付けないという時によく飲まれており、心を穏やかに保ちたいという時や、夜中に起きやすいという方におすすめのハーブとなっています。

さらに、リラクミンSeには5種類のビタミンBが含まれています。

ビタミンB群には、心と身体のバランスを整え、気持ちを安定させたり落ち着かせたりする作用があり、健康には欠かせない成分であることから、「発育のビタミン」と呼ばれています。

また、ビタミンB群には、朝・夕の生活リズムを整える作用もあることから、自然な生活サイクルを取り戻し、良質な休息へと導くことができます。

そんな、リラクミンSeですが、前述したラフマ葉、ギャバ、クワンソウといった成分はどれも自然成分であるため、食品扱いとなり、医薬部外品等ではありません。
したがって、副作用が発生するといったことはまずあり得ませんが、ヒトによっては体質に合わないといった方も稀にいるかもしれません。

そのため、リラクミンSeを飲んだ後に体調がすぐれなくなったという方は、飲む量を減量したり、使用を中止することを検討しましょう。

また、リラクミンSeの摂取量についても注意し、常識の範囲内の摂取量でとどめるようにしましょう。

リラクミンSeに関する口コミとしては、

「他の睡眠サプリよりも効果があった。」
「胃腸の弱い私の身体にもよくマッチした。国産のサプリメントだからかもしれない。」
「価格が手頃で、継続しやすかった。」

といったものがありました。

リラクミンSeに関しては全般的に良かったという意見が多いようです。




>>まずは安全なサプリで心と身体を休息させませんか?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 躁鬱病 ブログ
    「定型」、「非定型」で違いあるの? 新型うつは、これまでのうつの症状とは違い、常にうつ状態では…
  2. 太宰治 うつ病 自殺
    39歳の若さで愛人と共に玉川に入水自殺した太宰治 太宰治さんは、薬物中毒や自殺未遂を克服して、…
  3. うつ病 診断
    ある季節にのみうつ病を発症する季節性情動障害(季節性うつ病) 季節性情動障害(季節性うつ病)と…
  4. うつ病 症状
    22歳の時職場の同年代の友人が自殺をしていなくなってしまった 私は元々精神的にも肉体的にも強く…
  5. 抗鬱剤 副作用
    レキソタンは、1977年に発売された、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 効果が強く、実感でき…
  6. 鬱病 体験記
    私自身が今現在うつ病です。 段階は中と強の間位と、医師の検査で診断されました。 私自身の…

うつ病の芸能人・有名人

  1. ブラッドピット うつ病

    ブラッド・ピットさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつとドラッグ漬けの毎日を送っていたブラッド・ピットさん ブラッド・ピットさんは、アメリカ合衆…
  2. ユースケ・サンタマリア うつ病

    ユースケ・サンタマリアさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    「うつ状態」に8年間も苦しんだユースケ・サンタマリアさん ユースケ・サンタマリアさんは、大分県…
  3. ジム・キャリー うつ病

    ジム・キャリーさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    うつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらジム・キャリー ジム・キャ…
  4. 渡辺 正行 うつ病

    渡辺 正行さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    50才の頃から「うつ病」で悩んでいた渡辺 正行さん 渡辺 正行さんは、千葉県夷隅郡夷隅町(現い…
  5. 岡村隆史 うつ病

    岡村隆史さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    心の病気「うつ」だったことを岡村隆史さんは告白しています。 岡村隆史さんは、日本のお笑いタレン…
  6. ロビン・ウィリアムズ うつ病 パニック障害

    ロビン・ウィリアムズさんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    重度のうつ病、そしてアルコール依存症だったロビン・ウィリアムズさん ロビン・ウィリアムズさんは…
  7. 高岡奏輔 うつ病 パニック障害

    高岡奏輔さんの場合。【うつ病の芸能人・有名人】

    自殺未遂していたことや、うつ病、パニック障害に襲われていた高岡奏輔さん 高岡奏輔さんは、千葉県…
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
ページ上部へ戻る